未成年の女性とピルの画像

最近は、ピルの服用率が日本でも増えてきました。成人している方はもちろん、未成年の方も少しずつですが服用率が増えているようです。未成年とピルに焦点を当てて色々とご紹介していければと思います。

ピルの種類であるノルレボとは

ピルにも様々な種類がありますが、大きく分けると毎日服用することで避妊効果を得る低用量ピルと、妊娠回避のために緊急的に服用する緊急避妊薬であるアフターピルがあります。

ノルレボは、その中でも緊急避妊薬に入ります。

たとえば、セックスの最中にコンドームが破れていて気づいたら避妊に失敗してしまったときや、最初から避妊を行わずにセックスをしてしまい妊娠したかどうか不安な場合などに、72時間以内に服用することで妊娠を逃れることができます。

服用が2回必要な同じアフターピルであるプラノバールに比べて、ノルレボは一回の服用で済み体への負担が少ないことが特徴です。

ノルレボは、2011年の厚生労働省の認可が下りた比較的新しい薬であり、一般的なアフターピルは72時間以内の服用が望ましいのに対し、ノルレボの場合72時間経過しても120時間以内であれば効果が期待できるとされています。

副作用が少ない点については、ノルレボに含まれる成分が女性ホルモンのプロゲステロンのみであるため、プラノバールのような吐き気や嘔吐といった副作用や血栓症になるリスクなども気にしなくて済みます。

ただ、プラノバールが3000~1万円ほどで済むのに対し、ノルレボは12000~15000円と少し高いとされています。
これに初診料や処方料が加わるとさらに高くなるので、婦人科で処方してもらう場合には大目にお金を持って行った方が良いでしょう。

ノルレボを服用してから早くて数日、遅くても3週間以内に消退出血とよばれる出血が見られれば妊娠が回避で着たことになりますが、3週間経過しても出血があらわれない場合には妊娠している可能性も高いので早めに産婦人科で診てもらうのが良いでしょう。

また、妊娠は避けられますが性感染症の予防にはなりませんので、セックスをする際には必ずコンドームなどの避妊具を男性側に着用してもらってから行うのが良いといえるでしょう。